社会人とスクール併用

未分類

公認会計士になるためには、平均で3,000時間もの勉強時間が必要だと言われております。その為、社会人の方の場合には、どうしても時間が足りなくなってしまいます。効率よく勉強をすすめようと思ったら、やはり公認会計士講座などを受講する事がおすすめになります。独学では限界がありますし、そもそも参考書を作っている大半が、公認会計士のスクールを運営している会社という事もあり、独学ではカバーしきれない部分が出て来てしまうのです。

社会人の方は当然お仕事が大変ですので、毎日まとまった勉強時間がとれるとは限りません。その為、限られた時間の中で効率良く勉強するためには、朝と晩に毎日勉強する事ができるタイムスケジュールを作る事が重要になります。集中する事ができる環境を作る為に、デスクの周りには余計な物を置かないといった対処も必要になります。夜中までだらだらと勉強していても効果はあがりませんので、限られた時間の中でしっかりと勉強できるような仕組みを整える事が重要になります。平日はスクールに通う事ができないと思いますので、そのような場合には、抗議をパソコンやタブレットPCで見る事ができるようなスクールに通うというのも一つの方法になります

社会人で公認会計士になるには

未分類

社会人の方が、これから勉強して公認会計士になろうと思ったら、兎にも角にも勉強時間の確保が重要になってきます。公認会計士の試験に合格するためには3,000時間以上の勉強時間が必要と言われております。忙しい仕事の合間に、どのようにこの3,000時間という時間を確保する事ができるのかが重要なポイントになってきます。

公認会計士の試験に合格する方の多くが勉強をし始めてから2年から4年程度の日数が必要だと言われております。多くの方がこの2年から4年という勉強しなければいけない日数の多くに疲れてしまって、途中で挫折してしまっています。途中で諦めないために重要な事は、勉強の予定を事前にあまり細かく決めすぎない事が重要になります。前以て予定を決めていても仕事の関係で残業しなければいけなくなってしまう可能性もあります。事前にかっちりと決めすぎてしまいますと、仕事で勉強できなかった事に対してストレスを感じてしまうようになっていまいます。ですので、今月は○○の科目を中心にチャレンジしよう!程度の目標で十分なのです。最初からきっちりと決めすぎてしまうと、こんな生活2年も持たないとやる前から諦めやすくなってしまいますので、最初のうちは大まかな予定を組むのがおすすめです。

スクールという選択肢

未分類

公認会計士の試験は、とにかく出題範囲がかなり広くなっておりますので、普通に勉強しているようなだけでは合格する事は難しいと言われております。特に試験範囲が広いので、独学の場合には、参考書を選ぶのでさえ一苦労になってしまいますので、よっぽど前以て公認会計士の試験内容の知識が無ければ、合格するどころか、参考書もろくに選ぶ事は難しくなっております。

多くの方が公認会計士の資格を取得する為に利用しているのが民間の公認会計士の試験対策講座を開講しているスクールになります。スクールでは、今年の公認会計士試験の出題傾向であったり、勉強の仕方などのアドバイスをくれます。また、スクールなどではしっかりと合格までに必要な参考書なども用意しておいてくれますので、勉強以外に時間を取られる事がなくなります。

公認会計士の合格に必要な勉強時間は、3,000時間とも5,000時間とも言われております。1年365日、毎日2時間ずつ勉強しても730時間にしかなりません。もちろんそれ以上勉強する時間を確保できればその分合格するために必要な学力は早く身に付きます。特に社会人の方の場合には、勉強にあてる事ができる時間というのはかなり限られてきていると思いますので、スクールに入学し、効率良く勉強するのがおすすめです。

公認会計士試験の難易度

未分類

公認会計士の試験は一発で合格する方はほとんどいません。公認会計士に合格する人の平均年齢は27歳程度で、多くの方が大学生の頃から公認会計士のスクールに通い続け、2年から4年みっちりと通って合格するのが一般的となっているとても難しい資格試験となっております。

そもそも公認会計士は、税理士の上位資格と位置づけられていて、税理士試験の簿記論をはじめ、財務諸表論、法人税法、所得税法、消費税法と試験範囲が重複しています。特に公認会計士試験の租税法では、法人税法、所得税法、消費税法が試験範囲となっている事もあり、難易度がかなり高くなります。

また、公認会計士の試験の場合には、全ての科目をまんべんなく勉強しないといけませんので、ヤマをはる事ができず、バランス力が試される試験内容となっております。

また、公認会計士の計算科目に関しては、どんなに計算の早い方であっても時間的に全ての問題を解くことは不可能と思われるような問題数になっていますので、限られた試験時間の中で、どの問題に回答して、どの問題を諦めるといった取捨選択する情報処理能力も試されます。公認会計士の試験は、とにかく難解になっておりますので、独学での合格はほぼ不可能だと思って頂いて間違いありません。

そこでこちらのページでは、これから公認会計士を目指そうと思っている方のために、どうやったら公認会計士に合格する事ができるのかという話題を中心にご紹介させて頂きます。