公認会計士試験の難易度

未分類

公認会計士の試験は一発で合格する方はほとんどいません。公認会計士に合格する人の平均年齢は27歳程度で、多くの方が大学生の頃から公認会計士のスクールに通い続け、2年から4年みっちりと通って合格するのが一般的となっているとても難しい資格試験となっております。

そもそも公認会計士は、税理士の上位資格と位置づけられていて、税理士試験の簿記論をはじめ、財務諸表論、法人税法、所得税法、消費税法と試験範囲が重複しています。特に公認会計士試験の租税法では、法人税法、所得税法、消費税法が試験範囲となっている事もあり、難易度がかなり高くなります。

また、公認会計士の試験の場合には、全ての科目をまんべんなく勉強しないといけませんので、ヤマをはる事ができず、バランス力が試される試験内容となっております。

また、公認会計士の計算科目に関しては、どんなに計算の早い方であっても時間的に全ての問題を解くことは不可能と思われるような問題数になっていますので、限られた試験時間の中で、どの問題に回答して、どの問題を諦めるといった取捨選択する情報処理能力も試されます。公認会計士の試験は、とにかく難解になっておりますので、独学での合格はほぼ不可能だと思って頂いて間違いありません。

そこでこちらのページでは、これから公認会計士を目指そうと思っている方のために、どうやったら公認会計士に合格する事ができるのかという話題を中心にご紹介させて頂きます。